ごあいさつ

会長の挨拶

一般社団法人 鳥取県法人会連合会 会長 藤本 英興

広島局連シンガリとして、第35 回全国大会鳥取大会がいよいよ本年10 月11 日に鳥取市で開催されます。
全国の皆様にとって「鳥取県」は、全国で最も人口が少ない県、鳥取大砂丘というイメージをお持ちの方が多いと思います。
しかし、鳥取県は、自然の宝庫として日本一の鳥取砂丘、本年開山1300 年を迎える伯耆富士として名高い霊峰大山、断崖に建つ日本一危険な国宝三徳山投入堂、 世界ジオパークに認定された美しい地質遺産を含む一種の自然公園の山陰海岸、県内各地に星空観察スポットが点在する「星取県」など、日本でも有数の「原風景」のあるトラスト地としても有名です。
東西100 km におよぶ横長な鳥取県の交通面では、都会地から遠い地方都市というイメージもありますが、県内には「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」の2つの空港を持ち、東京まで1時間余り。
また無料の高規格道路「鳥取自動車道」により大阪まで2時間半、岡山県に繋がる「米子自動車道」など、高速道路網も整備されています。
文化面では、多数の漫画家を輩出しており、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる氏のふるさと・境港市では水木しげるロードがにぎわい、「遥かな町へ」の谷口ジロー氏が作品で描写した倉吉市や鳥取市では落ち着いた町並みが続き、「名探偵コナン」の青山剛昌氏の出身地・北栄町では青山剛昌ふるさと館やコナン通りが人々を惹きつけるなど、『まんが王国』が鳥取県の代名詞となっています。
水産物では、日本海に面した資源豊富な漁場を有し、有数の水揚量を誇るマグロ、松葉ガニ、紅ずわいガニ、白イカ、猛者えび、岩牡蠣など、また農畜産品では、二十世紀梨、西条柿、砂丘らっきょ、大栄スイカ、ねばりっこ、鳥取和牛、大山どりなど、種類豊富な農水産品にあふれています。
来県される皆様にとって、鳥取県が生涯忘れることのない思い出の地として残る大会訪問地になることを願い、準備を進めております。食の感激、自然の驚き、そして心休まる「至福の鳥取県」を楽しんでいただければ幸いです。

一般社団法人鳥取県法人会連合会会長

法人会の理念